桜桃梅庵のブログ

着物好きの主婦のブログ

落語の青菜

お落語で『青菜』という話に出てくるお酒で

『柳かげ』というのがある。

柳かげは上方の呼び名らしく、江戸だと本直しというらしい。

今日は久しぶりに家ですき焼きにした

だからというのもあれだけど、よし!今日は柳かげを飲もう!!!とメジャーカップに50ccずつ焼酎と味醂を計ってグラスに入れました。

f:id:otomean:20190916204421j:image

あははー!これはどんどんいけちゃうな♫と食事中に飲んでいたら、久しぶりの強いお酒だったからか、空腹だったからか、小一時間ほど動けなくなってしまった。

暑気払いの話として出るお酒だから、今日みたいに涼しい日に飲むものでは無いのかな?

でも美味しかったー♫

注意

みりん風調理酒ですると美味しくないですよ

単と夏の着物の違い

こんにちは、関東29度予報という事で真夏の着物にしました。ももさん。です。

 

前回のブログで単(ひとえ)は裏地の付いていない着物、と説明しましたが、え?夏の着物と単って何が違うのか

ぶっちゃけ何も変わらないです。

単純に夏着物とされている布が透けるほど薄い

透けるほど薄い布で作った単の着物が夏の着物になります。

夏の着物として『絽(ろ)』『紗(しゃ)』または麻の着物で『小千谷縮(おぢやちぢみ)や能登上布(のとじょうふ)宮古上布(みやこじょうふ)』も有名なのかな?

昔は6月を『蝉の羽月』とも呼んだそうで、6月というと衣替え??衣替えしたら、蝉の羽みたいな薄い衣だね、って感じなのかな??

f:id:otomean:20190915104914j:image

今日は麻着物なのだけど、そんなに透けるの??と思い、布ごしに自分の履物が透けるのか実験してみた。

結構なスケスケ具合だね。

 

着物愛か執着か

着物が好きだから、どんどん集まって着て嬉しいはずが、着物愛が残念な執着になって自分の心に影を落として居るようなそんなイメージがここ何年か付きまとっていました。

ついに一念発起して、(え?そこまで???)

とりあえずメルカリが出品サービス期間なので出してみる事にしました。

と言ってもお着物1つだけど…

そのために人台のももちゃんを引っ張りだして、この子なんでも似合っていいわーとか思いながら着せていたら、いやーコーデ考えるのも楽しくなってきた。

うん!これこそ着物愛だわ!

これとこれどっちが似合うかな?あれ?この帯こんなに可愛かったんだっけ?

とかそうやって着物に触れ合いたかったのがわかった

単(ひとえ)ってなんですか

最初

『単』が読めませんでした。

たん?????って読んだかも

ちなみに題名通り『ひとえ』と読みますが、

裏地の付いていない着物です。

着る時期は昔

(ももさんが着始めた20年前もそう教わった)

は6月と9月と言われていましたが、多分今やると熱中症になるので、個人的に熱中症になりやすい私は25度を超えたら単にします。

その時に気をつけていることは、襦袢!

襦袢にも夏用の薄い単もあれば、分厚い絹の袷もあります。

着物だけでなくそこにも気をつけると、暑かったり、寒かったりの体温調節がかなり楽にななりますよ♫

誰のために書くのだろう???

あ!今日はこれ書きたい!伝えたい!!という日も、なんともネタが無い、どうしたもんだ??と言う時もいつも思う事

このブログは誰が読むの??

若い人?ご年配?同世代??

着物を良く着る人?着物に興味がではじめた人??

そうなると伝え方も伝える言葉も全然変わっていってしまう。

どうしたもんだろう???

と思っていたのですが、昔の自分宛に書いてる。と知人が言っており、目から鱗がポロポロリ

あぁ、あの小紋も単もなんにもわからなくて、そんな着方してって言われて、毎日不安だった私に向けて書いたらいいのか、と言うことで明日からは昔のももさん。に向けて書いてみようと思います。

昨日から朝ランニングはじめました。

明日でやっと三日坊主になれますが、果たして台風の行方は

 

9月6日

f:id:otomean:20190907222653p:image

9月7日

f:id:otomean:20190907222714p:image

君の名は?

ももさん。です。

家の暖簾の前で写真を撮ったら、友人に小料理屋やれば??と言われました。

ある意味最高の褒め言葉?

f:id:otomean:20190905235821j:image

今更ですが、ももさんの名前は『橘 もも』と言いますが、かれこれ20数年使っているハンドルネームです。フェイスブックもこちらの名前で登録しています。

ですが、これから着物を広げる活動に本名とハンドルネームとどっちが良いのだろう???とわりとずっとぼんやり悩んでいました。

そんな時、キネシオロジストの長澤紀子さんに自分の深層心理を見てもらったら

(長澤紀子さんのブログはこちら

https://profile.ameba.jp/ameba/lkroot)

うん、深層心理はももちゃんが、いいって言ってるね、とのことをなので、安心して『橘 もも』として着物に向き合っていこうと思いました。

君の名は、というより私の名は?だな。

なんとなく秋らしい

昨日は拡張で凄い雨でしたね。

もも家も万が一に備えてご飯のテーブルに懐中懐中電灯を用意して食事しました。

こんな事を言うと桃太郎に

『天気の子の受け売りか?』と、笑われそうですが、記録的大雨と言っても、それは記録を取り始めたここ最近で、洪水や飢饉とかで昔は亡くなっていたんだよなー、、

自然と科学のいたちごっこじゃないけど、少しでも良くなるように昔から頑張ってだんだよなぁ.なんて考えたりします。

今日も大事な人が元気でいることに感謝してして、美味しいご飯が食べられて、昔からお姫様でも着られない格好している。

そんな当たり前の事が実は凄い幸せっていうのにもっと若い時から気がつけていたら、もう少し生き易いのかしら??

f:id:otomean:20190904164155j:image

(昔昔にはガラスの帯留めにちりめんの帯締めとか絶対富豪の家にしかないよなぁ)

 

なんとなくとりとめもなく。書き散らし